据え置き型の浄水器の特徴

img-1

日本の水道水は安全性が高いと言われる一方でより安全な水を飲みたいという要望は高く、浄水器が一般家庭に広く普及しています。

種類が豊富な中で、用途などに応じてタイプを選ぶことができます。



そんな中でシンクに直接浄水器を設置して使用する据え置きタイプの浄水器を利用する家庭も多くあります。
このタイプは蛇口型よりも本体が大きめなのでフィルターが長持ちし、ろ過機能もその分高性能なものが多くなっています。



台所のシンクですぐに使えるうえ、本格的な浄水機能が備わっている点が高く評価されています。



本体が蛇口一体型などと比較すると大きくなるのでフィルターの寿命が長く、カートリッジの交換期間が長いので取り替えにかかる手間は少なくて済むのが特徴です。
据え置き型の浄水器は水道水のろ過機能だけでなく水の味にもこだわったものが多いのも特徴の一つで、炊飯用に適した軟水が作り出せるものやアルカリイオン水を生成できる機能付きのものなどもあり、安全でよりおいしい水を求める人にはぴったりのタイプと言えます。



ただし機能が豊富なタイプなので、蛇口直結型などと比較すると価格が高くなるのが特徴であり、その価格帯としては3万円前後のものから、中には数十万円もする高額なものまであります。



このタイプは料理に使う水の水質や味にもこだわりたい、より安全性の高い水が飲みたい、フィルターの交換は長いものがよい、工事をせずに本格的な浄水器を使いたいという人には特に向いているタイプだと言えます。



関連リンク

img-2
キッチンのシンク下に設置する浄水器の特徴

よりおいしく安全性の高い水を求め、一般家庭向けに様々な種類の浄水器が普及しています。キッチンのシンクの下に設置するアンダーシンク型の浄水器も人気があります。...

more
img-2
浄水器を上手に使ってみます

国内における、水道の有り難さというものは、海外などへ行ってみますと、骨身にしみて感じるものですが、毎日暮らしている中で、今では水に対するこだわりも増え、安全で美味しい水を、多くの人が求めるようになってきました。水道水の中には、塩素が含まれていますが、それが本来の水を、殺菌しているということであり、家庭の水道の蛇口から出る水に対し、ある程度含まれていることになります。...

more
top