自分のニーズに合った浄水器を選ぶ

img-1

水の安全性に関心が高い現代では、水道水は心配なので飲まない、ミネラルウォーターを買ったり、ウォーターサーバーを使っているという人が少なくありません。



水道水の含まれる有害物質の大費用的なものが残留塩素です。

そのうえ発がん性物質のトリハロメタンも含まれており、厳しい安全基準を通過した水道水だとはいえ、そのまま飲むことに抵抗があるという人が多いのももっともなことです。

水道水に含まれる有害物質を取り除くためには浄水器の使用が効果的です。


水道水をろ過しておいしく飲める安全な水を作る役割が求められるのが浄水器です。

活性炭で水道水の残留塩素から起こるカルキ臭を取り除き、その他の有機物をチリぞ軒、ろ過膜によって一般細菌やカビ、赤さびなどを取り除きます。



中空糸膜などの精密ろ過機能を備えた浄水器は一般的な細菌以外にも、大腸菌類やクリプトスポリジウムなどの細菌も除去します。



昨今の健康志向の高まりによって、浄水器の販売は伸びてきており、その普及率4割にも上ると言われています。

そして利用者のニーズの細分化に対応するため、様々な種類のものが発売されています。



有害物質を取り除くだけではなくミネラル分を加えてくれるものや、電気イオン分解することでアルカリ性の水や酸性の水を作ることができるものなどもあります。



価格も比較的安価なものから数十万円もする高価なものまで種類が豊富なのでニーズに合った浄水器を選ぶことが大切です。



関連リンク

img-2
据え置き型の浄水器の特徴

日本の水道水は安全性が高いと言われる一方でより安全な水を飲みたいという要望は高く、浄水器が一般家庭に広く普及しています。種類が豊富な中で、用途などに応じてタイプを選ぶことができます。...

more
img-2
浄水器を上手に使ってみます

国内における、水道の有り難さというものは、海外などへ行ってみますと、骨身にしみて感じるものですが、毎日暮らしている中で、今では水に対するこだわりも増え、安全で美味しい水を、多くの人が求めるようになってきました。水道水の中には、塩素が含まれていますが、それが本来の水を、殺菌しているということであり、家庭の水道の蛇口から出る水に対し、ある程度含まれていることになります。...

more
top