キッチンのシンク下に設置する浄水器の特徴

img-1

よりおいしく安全性の高い水を求め、一般家庭向けに様々な種類の浄水器が普及しています。



キッチンのシンクの下に設置するアンダーシンク型の浄水器も人気があります。
このタイプは台所の流しの下の部分に本体を設置するためシンク回りがすっきりとしているのがメリットです。



水栓のデザインもこだわって好みのものに変えられ、おしゃれでスタイリッシュなキッチンの水回りを希望する人には特に人気の高いタイプです。



フィルターのサイズも大型になるため、浄水性能の高いものが多く、フィルターの交換は年に1回程度で済むという点も大きな魅力です。

ただし、アンダーシンク型浄水器は取り付けの際に工事が必要なケースがあり、取り付け工事費用は本体価格とは別になることがほとんどな点がデメリットとも言えます。



住宅建設やキッチンのリフォームなどの際には、あらかじめアンダーシンク型の浄水器を組み込むことも可能です。価格帯も幅広く、2万円台のものから10万円以上するものまで様々なタイプが揃っています。



浄水器本体をシンク下に置くことでシンクの上には水栓だけが出ているというすっきりとしたスタイルが特徴であり魅力でもあるため、水回りが狭い台所やシンクなどをスッキリとさせたい人には特におすすめです。



フィルターの交換をこまめにするのが面倒だという人には向いているのですが、設置の際には工事が必要な可能性があり、初期費用が掛かるという点がこのタイプのデメリットとも言えます。

関連リンク

img-2
自分のニーズに合った浄水器を選ぶ

水の安全性に関心が高い現代では、水道水は心配なので飲まない、ミネラルウォーターを買ったり、ウォーターサーバーを使っているという人が少なくありません。水道水の含まれる有害物質の大費用的なものが残留塩素です。...

more
img-2
キッチンのシンク下に設置する浄水器の特徴

よりおいしく安全性の高い水を求め、一般家庭向けに様々な種類の浄水器が普及しています。キッチンのシンクの下に設置するアンダーシンク型の浄水器も人気があります。...

more
top